‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

お菓子を食べても太りにくい時間とは

2014/10/22

ダイエットしたいけれど我慢しなければならないはずのお菓子をどうしてもやめられない、と言った悩みは多いようです。
食べてもいい時間、太りにくい時間があると言うのですが、それはどういう事なのでしょう。
体には生活のリズムを整えることができる機能が備わっているのですが、そのリズムを整えるために分泌されるたんぱく質に「BMAL1」と言うものがあります。
BMAL1は脂肪細胞に脂肪を蓄えさせようとする働きがあるため、分泌が盛んになる時間帯に食べてしまうと脂肪が付きやすくなってしまうのです。
ですからどうしても食べたい、食べるのであればその分泌が盛んではない時間を選ぶことが大切です。???? Vol.140 ????-?????
具体的には午後3時頃が一番分泌が少ないとされ、逆に多くなるのは午後10時から午前2時までの間です。
昔からおやつの時間とされている午後3時が良いと言うのは面白いですし、太りやすい時間である午後10時から午前2時頃と言うのは、健康や美容のためにその間しっかり睡眠をとっておきたいと言われる時間です。
おやつは時間を決めて夜はダラダラ食べない事、当たり前のようですがこれがダイエットへの近道になりそうです。
しかし食べても太りにくい時間とは言え、ダイエットを心がけるならやはりカロリー控えめを心がけるべきでしょう。

体調管理における飲み物の重要性とは

2014/10/22

人間の体のおよそ60%は水分でできています。???? Vol.37 ????????

 
あまり意識されることはありませんが、それだけ多くを占めている水分は人間が生命活動を維持していくうえで重要な存在といえます。
まず体に必要な栄養や酸素を運ぶ血液の循環には水分が欠かせません。そして、血液の中で排出された毒素や不要なものを濾過する腎臓の働きをサポートしているのも水分です。

 
また暑い時に体温を下げ、寒い時には体温を上げるといった体温調節機能を司っているのも体内の水分です。
このように体内の水分は様々な役割を持っているため、もしも、不足してしまうと、熱中症や脱水症状などの危険性が高くなるほか、体は多くの不調を引き起こしてしまいやすくなってしまうのです。

 
そのため、自分で体調管理を心掛けようとした場合、体内の水分量が不足しないように飲み物による水分補給の重要性が高くなります。
一日にどのくらいの水分を補給するのがベストなのかは人によって個人差がありますが、喉が渇いたと感じた時には体内の水分が不足している合図ですので、そう感じる前に水分補給を心掛けるようにしましょう。

 
また冷え性の方の場合は、出来るだけ冷たい飲み物は避けて温かい飲み物を飲むようにすることも大切です。

夏より冬のほうが痩せやすい

2014/10/22

冬になると、体重が減りにくいと思ってしまうのですが、夏より冬の方が痩せやすくなっていますので、この時期に合わせてダイエットを行ってみるとよいでしょう。

 
夏は、気温や湿度も上昇していますので、体の代謝機能を高める必要なく過ごすことができます。
大量に汗をかく状態になっていると、体脂肪も燃えていると勘違いしてしまいますが、代謝自体は低下しているため、思ったように体重が減りにくくなるのです。

 
冬には、気温が低下してしまいますが、この状態から体の機能を守るために代謝がよくなってきますので、脂肪も燃えやすい状況になります。
冬の間には、体脂肪の燃焼に効果のある有酸素運動を行うことでスリムになることができますし、無酸素運動を行うことでも筋肉を鍛えやすくなってきます。
ただし、冬の方が痩せやすい状況であっても、自宅にこもりがちになってしまったり、美味しい食事ばかり食べることで、体重はすぐに増加してしまいます。
外が寒いと、外に出て運動する気持ちがなくなってしまいますが、この場合には外に行くことなくできる運動機器を購入すると、室内の中でも充分な運度量を確保できるようになってきます。桜

 
外が寒い時には、その運動方法にも気を付けてみるとよいです。

ダイエットの豆知識

2014/10/22

ダイエットをする際、豆知識を意識すると、効率的に痩せる事ができるようになります。

 
痩せたいと考えた場合、食事量を減らす、もしくは運動をする事が大切と考える人は少なくありません。
確かに、それらは痩せる為には重要な事ですが、その際に1日に必要なカロリー、より脂肪を燃焼しやすい状態を作る為の運動法などを意識する事がお勧めです。

 
食事制限の場合、人の体は、毎日、何もしなくても多くのカロリーを消費している事を知っておく必要があります。
それらのカロリー消費は基礎代謝と呼ばれるもので、基礎代謝に必要なカロリーを摂取しなければ、体はエネルギー不足を感じ、筋肉を落とすなど、少ないエネルギーで動く体へと変えていきます。

 
そうなると、体は痩せにくい状態になり、この状態で普通の食事を取ると太りやすくなってしまいます。
ですから、食事制限の際は、基礎代謝を落とさない程度に食べる事が大切になります。

 
更に、運動はウォーキング等の有酸素運動が有効とされますが、その前に筋トレで筋肉をつけておく事がお勧めです。
筋肉がある方が脂肪燃焼しやすい状態となり、ウォーキング等を行った場合に効果が出やすくなります。
こうした事を意識するだけで、効率的に痩せる事ができるようになります。

ダイエットと体脂肪率の関係について

2014/10/22

ダイエットをすれば、自然と体脂肪率も減ると考える人は少なくありません。

 
ですが、体重は減ったのに、体脂肪は増えてしまったという人は珍しくありません。
ただ痩せるのではなく、体脂肪も減らしたいと考えた場合、体重と体脂肪の関係を覚えておく事が大切です。
体脂肪率とは、体の中で体脂肪が占める割合の事です。

 

紅葉と川
この体脂肪を少しでも減らしたいと考えた場合、運動をして筋肉をつけ、その上で有酸素運動を行い、脂肪燃焼をしていく事が最も友好的です。
筋肉をつければ体重が増えるからと、運動を避けたがる人は少なくありませんが、これが一番綺麗に痩せる事ができる方法です。

 
それに対して、急激な食事制限で痩せようとした場合、体の基礎代謝に必要なエネルギーが体内に入ってこない状態になり、体は省エネになるようにと、体内の筋肉を体脂肪へ変え、基礎代謝量を落としていきます。
ですから、体重が落ちても、その分、体脂肪の量が増えてしまっている事があります。
その場合、体重が減ったのに、体脂肪の量が減らない、または増えてしまうという状態となってしまいます。
体重を減らすのと同時に体脂肪も減らしたいと考える場合、筋肉をつけ、運動により脂肪燃焼をしていく事がお勧めです。

リバンド率は73%?

2014/10/22

ダイエットにおいては、リバンド率が73%ととても高いものとなっています。これは目標体重に達成したからといい、ダイエットを終了させてしまう人が多いからです。ダイエットの効果を定着するためには、しばらくの期間を行わなければなりません。しかし体重が目標に達してしまうと、それで満足をしてしまいやめてしまう人が多いのです。

 
ダイエットの目的は様々です。短期的にその体重になれば良かったり、長期的において痩せることが目的であったり、たくさんの理由があります。しかしどの場合においても、目的を達成してからダイエットをやめたのならば、また元の体重に戻ってしまうのです。

 
特にリバウンドになりやすいダイエットの方法は、食事制限だけを行ったものです。運動を行わないで食事制限を行ってしまうと、脂肪と共に筋肉の量も減少します。その結果体重が減少したとしても、基礎代謝がダイエットを行う前よりも少なくなっているために、太りやすい体質になってしまうのです。そして元の食生活に戻してしまうと、あっという間に太ってしまうことになります。

 
このようにリバウンドしないために痩せるためには、運動を行う必要があります。そして目標体重になったとしても、続けることが必要になるのです。

ダメと思うほど食べたくなる心理

2014/10/22

食事制限によるダイエットをする際、注意しておきたいのが、食べてはいけないと考え過ぎない事です。
ダイエット中は、毎日のカロリー計算をしたり、甘い物を食べない様にする等、食事に対する決まりを作り、それを必死で守っているという人は少なくありません。
ですが、何かを我慢しなければいけない、食べてはいけないと考えれば考える程、人の心理は、その物を食べたいと考えるように動いていく事になります。
我慢をするとそれがストレスに繋がり、ストレスから余計に、我慢や禁止している食事や食べ物に対しての欲求が強まる為です。
ストレスが増えると、我慢が出来なくなって、そこから過食に走ってしまうという事も珍しくありません。

紅葉03
ですから、ダイエット中は我慢のし過ぎには注意が必要です。
例えば甘い物を我慢する方法でダイエットをしていても、週に1回程度は、甘い物を食べても良い日を作ると、それによりストレスが軽減され、長くダイエットを続ける事ができるようになります。
食事制限を行うにしても、時々は好きな物を食べて良いとするだけで、ストレスは一気に減る事になります。
ダイエットは続ける事が大切で、その為にはストレスは大敵です。
ですから、ダイエットをするには、我慢し過ぎないという事も大切になってきます。

睡眠不足だと太る

2014/10/01

痩せたいと思っているのであれば、毎日規則正しい生活を心がけることも大切です。紅葉
ですので毎日決まった時間に寝起きをして、決まった時間に食事をとることも必要になるでしょう。
しかし、だからと言っても睡眠時間が短いようではいけません。
いくらいつも同じ時間に寝て起きていたとしても、睡眠不足になってしまうようでは、逆に太ってしまうようになるのです。
しかし起きている時間が長ければその分消費カロリーも多いような気がしてしまいますが、実際には睡眠が足りていない人の方が太る傾向にあるのです。
まずその理由としては、ホルモンのバランスが崩れてしまうというのがあるのです。
寝不足によって食欲が増進されてしまうようになります。
食欲が増進されてしまう事によって、普段よりも過剰にカロリーを摂取してしまうことになるのです。
それだけではなく、代謝が低下してしまうことにもなります。
血行が悪くなるようになり、冷えが起きてしまい代謝が悪くなってしまいます。
ですので睡眠が足りていない状態というのは、太る原因になってしまう事になります。
そこで理想的な睡眠時間としては7時間程度といえますので、そのくらいの時間を目安に睡眠をとるようにしましょう。