体調管理における飲み物の重要性とは

人間の体のおよそ60%は水分でできています。???? Vol.37 ????????

 
あまり意識されることはありませんが、それだけ多くを占めている水分は人間が生命活動を維持していくうえで重要な存在といえます。
まず体に必要な栄養や酸素を運ぶ血液の循環には水分が欠かせません。そして、血液の中で排出された毒素や不要なものを濾過する腎臓の働きをサポートしているのも水分です。

 
また暑い時に体温を下げ、寒い時には体温を上げるといった体温調節機能を司っているのも体内の水分です。
このように体内の水分は様々な役割を持っているため、もしも、不足してしまうと、熱中症や脱水症状などの危険性が高くなるほか、体は多くの不調を引き起こしてしまいやすくなってしまうのです。

 
そのため、自分で体調管理を心掛けようとした場合、体内の水分量が不足しないように飲み物による水分補給の重要性が高くなります。
一日にどのくらいの水分を補給するのがベストなのかは人によって個人差がありますが、喉が渇いたと感じた時には体内の水分が不足している合図ですので、そう感じる前に水分補給を心掛けるようにしましょう。

 
また冷え性の方の場合は、出来るだけ冷たい飲み物は避けて温かい飲み物を飲むようにすることも大切です。

コメントは受け付けていません。