ダイエットと体脂肪率の関係について

ダイエットをすれば、自然と体脂肪率も減ると考える人は少なくありません。

 
ですが、体重は減ったのに、体脂肪は増えてしまったという人は珍しくありません。
ただ痩せるのではなく、体脂肪も減らしたいと考えた場合、体重と体脂肪の関係を覚えておく事が大切です。
体脂肪率とは、体の中で体脂肪が占める割合の事です。

 

紅葉と川
この体脂肪を少しでも減らしたいと考えた場合、運動をして筋肉をつけ、その上で有酸素運動を行い、脂肪燃焼をしていく事が最も友好的です。
筋肉をつければ体重が増えるからと、運動を避けたがる人は少なくありませんが、これが一番綺麗に痩せる事ができる方法です。

 
それに対して、急激な食事制限で痩せようとした場合、体の基礎代謝に必要なエネルギーが体内に入ってこない状態になり、体は省エネになるようにと、体内の筋肉を体脂肪へ変え、基礎代謝量を落としていきます。
ですから、体重が落ちても、その分、体脂肪の量が増えてしまっている事があります。
その場合、体重が減ったのに、体脂肪の量が減らない、または増えてしまうという状態となってしまいます。
体重を減らすのと同時に体脂肪も減らしたいと考える場合、筋肉をつけ、運動により脂肪燃焼をしていく事がお勧めです。

コメントは受け付けていません。